Home > Archives > 2011-03

2011-03

今すべき事を考える

今もなお、避難所で苦労されてる被災者の方、NPO初めボランティアの支援活動をしてる方々には、少しでも早く復旧できますように、心よりお祈りいたします。
マスメディアからの情報でしか分かりませんが、避難訓練等、日頃からやっていたにもかかわらず想定外の規模であったにせよ、余りにも政府機関の対応が後手に回っているとしか思えません。
こんな領土の小さな日本なのに、今回なんの被害も無い地域の人達(総ての人ではありません)は、まるで他人事のように…
ゆとり教育だけではないだろうけど、ここまで腐った若者にしてしまった、俺も含め、再認識せねばいけないのでは? と、痛感しております、
米やガソリンの買占めなど、全く被災していない人間が、それこそ先を争い、”自分だけ良ければ!”精神丸出しの醜態曝け出し、売る方も便乗値上げ?
いったいどうしちまったんだい!
”他人への思いやり”どこいっちまった?
少ない情報の中、俺の間違いならゴメンナサイだけど、今後の日本を憂いて限がありません。
俺の場合は、全く持って自業自得とも言うべき、ドクターストップもシカトした結果、とうとう肝の臓がイカレそうになり、検査、治療の為入院する事になりました。
俺などは自分で蒔いた種だけど、被災地の人達はたまらない生活だな。
普通に健康で、生活できることが、こんなにも有難く幸せなのかと思います。
”腹腔鏡下肝生検”ってやつです。
腹に穴あけてカメラを刺しこみ、悪くなってるかどうか確認した後、一部組織を採取し検査します。
腹の中を見やすくする為に、これまた違うとこに針をブッ刺しガスを2~3リットル入れられるんだけど、これが苦しいのなんの…。
男は腹筋が発達してるから、カメラ入れるガイドのようなものが、入りにくいんだって。
まして、筋トレなんぞやってた御陰様で、2回、3回とゴリゴリされるんだけど、なかなか入りません。
”も少しガスいれましょうか?”←冗談じゃねぇよ!もうパンパンだぞ?
”はぁい がんばってね♪”←なにガンバりゃいいのよ?
時間にすりゃぁ20分位なんだけど、とても永く感じました。
無事?手術も終わり、病室に帰ると奥様が来てくれて居りました。
6時間安静を保たなくてはいけないので、本人動けません。
普通に看病してる姿は、妙に恐ろしく、”お返し”が大変そうだなぁ…
いい加減腐ってると思っていた肝臓君は、まだ壊れ始め?のようで、「飲酒をやめて、半年も治療すればツルッツルッよ!」
大好きなお酒………
あと20年生きるには、止めねばだね。
計画停電、ガソリン不足、まだ続く余震。
現場は非情なもんで、関係なく進めなくてはなりません。
原油精製所が機能していないので、ガソリンが足りないらしいけど、決してそれだけじゃないね?
今後起こりえるであろう災害の為?どっか逃げるの?
何の為に地方自治体ってのがあるのか!
市民税だって、沢山払ってるぞ?     自治体レベルでの備蓄量
冒頭に、この度の東関東大震災で亡くなられた方、またそのご遺族に対し深い哀悼の意を表します。

今もなお、避難所で苦労されてる被災者の方、少しでも早く復興できますように、心よりお祈りいたします。

このような緊急事態の時、ブログ?考えましたが、ご容赦ください。

誰もが経験した事の無い、とんでもない揺れ方の地震でした。

昨年、強風にあおられ乗っていた足場が倒れる事故にみまわれましたが、その時以上に怖い思いをしました。

俺などは震源地から、かなりの距離離れている東京に居ての事ですから、 被災者の方達には、さぞや恐ろしい出来事だったんであろうと…。

マスメディアからの情報でしか分かりませんが、避難訓練等、日頃からやっていたにもかかわらず想定外の規模であったにせよ、余りにも政府機関の対応が後手に回っているとしか思えません。

こんな領土の小さな日本なのに、今回なんの被害も無い地域の人達(総ての人ではありません)は、まるで他人事のように…。

「地震とか、原発のTVばかり?」 「なんだよ~、めちゃイケやってねぇぢゃん?」 だぁ???(怒)

まったくもって馬鹿な ”ゆとり教育” のせいだけではないだろうけど、ここまで腐った若者達にしてしまった事は、俺も含め、再認識せねばいけないのでは? と、痛感しております。

米やガソリンの買占めなど、全く被災していない人間が、それこそ先を争い、”自分だけ良ければ!”精神丸出しの醜態曝け出し…。

いったいどうしちまったんだい!
”他人への思いやり” どこいっちまった?

少ない情報の中、俺の間違いならゴメンナサイだけど、今後の日本を憂いて限がありません。

俺の場合は、自業自得とも言うべき、ドクターストップもシカトした結果、とうとう肝の臓がイカレそうになり、検査、治療の為入院する事になりました。

俺などは自分で蒔いた種だけど、被災地の人達はたまらない生活だな。

普通に健康で、生活できることが、こんなにも有難く幸せなのかと思います。

”腹腔鏡下肝生検”ってやつです。
腹に穴あけてカメラを刺しこみ、悪くなってるかどうか確認した後、一部組織を採取し検査します。
腹の中を見やすくする為に、これまた違うとこに針をブッ刺しガスを2~3リットル入れられるんだけど、これが苦しいのなんの…。
男は腹筋が発達してるから、カメラ入れるガイドのようなものが、入りにくいんだって。
まして、筋トレなんぞやってた御陰様で、2回、3回とゴリゴリされるんだけど、なかなか入りません。

”も少しガスいれましょうか?”←冗談じゃねぇよ!もうパンパンだぞ?

”はぁい がんばってね♪”←なにガンバりゃいいのよ?

時間にすりゃぁ20分位なんだけど、とても永く感じました。

無事?手術も終わり、病室に帰ると奥様が来てくれて居りました。

6時間安静を保たなくてはいけないので、本人動けません。
普通に看病してる姿は、妙に恐ろしく、”お返し”が大変そうだなぁ…。
いい加減腐ってると思っていた肝臓君は、まだ壊れ始め?のようで、「飲酒をやめて、半年も治療すればツルッツルッよ!」(主治医談)

大好きなお酒………

あと20年生きるには、止めねばだね。

計画停電、ガソリン不足、まだ続く余震。

現場は非情なもんで、関係なく進めなくてはなりません。
この連休?も休みなしで仕事です。

暖かかったり、寒くなったりの三寒四温を迎え、春も間近ですが…。

できる範囲で良いから我慢して、少しでも多くの食料が被災者に届くようにしましょうよ!

Home > Archives > 2011-03

Search
Feeds
Meta

Return to page top