Home > Archives > 2013-02

2013-02

親になったキン屋

今月が28日しかない事に昨日気付いた俺。

最低でも1ヶ月に1度更新する!と決めていた気持ちが萎えそうになるのと、書きたい事があまりにも多すぎて迷うのと…。

たまには仕事の話を記するとしよう。

GK

今月アタマから作業に取り掛かった、とある保育園新築工事。

少子化問題など存在するのか?と思う程、都内に24~25箇所も保有する、チェーン店の様な保育園です。

およそ300坪の敷地に天井高4~5m、6~8畳位の部屋を8個、廊下を挟んで四角に並べられ、まるで回廊旅館さながら中庭に池でも造ったらそのまんまだな。

平屋建てで、中庭部分と所々にガルバリウム板が貼ってあるにもかかわらず、外壁左官部が400㎡もありやがる。

廊下部は天井高も低い為屋根も低く、当然屋根上にも壁が出来てきます。

軒裏が80センチ程出ているので、寝転がって塗る壁が結構あるんですよ。

お陰さま、屋根上だけで大赤字です。

この工務店様では、ラス網から塗装(今回はジョリパットコテパターン)仕上げまで頂いているので同じとこグルグルと…何回も…はぁ~…。

「だいたいで良いんだけど、何日位掛かるかなぁ~?」って。

結構色んな仕事こなしてきましたが、さすがに今回は見当もつきませんでした。

写真ではあまりよく分かりませんが、壁の色は真っ黄色です。

設計士の先生?この色にこだわってるみたいです。

塗料メーカーに御自分でサンプル発注されました。

サンプルの裏に”限界色”書いてありますが、もっと濃くしろ!と。

塗料って色んな樹脂や顔料から作られているんだけど各材料の配分率は決まっていて”何パーセント以上入れてはいけません”的なことは当たり前。

小麦粉大さじ1杯に水20リットル入れてお好み焼作れって言ってるようなもんじゃないかな?

”限界色”←この意味分かんねぇのかな?これ以上濃くならねぇ!って意味なんだよ!と、俺は言いたい気持ちでイッパイでした。

専門的な事はもちろんだけど、もうちっと平均に勉強して頂きたい。

先が見えなくとも、少しづつでもやってれば何時か終わるもので、先週この保育園の仕事は完了致しました。

だからこんなこと言っていられるのかも?ですが。

本日26日、キン屋君が念願の”おとうさん”になりました。

AM1時50分頃、御丁寧に「産まれそうだ!」のメールを頂きPM4時過ぎ出産。散々のたうちまわった事でしょう。

20年も経つと、そんな記憶あろう筈もなく、相変わらずのクソガキになってしまった我が子を改めて見る今日この頃…。

なにはともあれ「よかった!」

Home > Archives > 2013-02

Search
Feeds
Meta

Return to page top